Menu
ホーム
学会案内
研究大会
各支部
刊行物
『学校音楽教育研究』
投稿要領
お問い合わせ
English
 HOME

新着情報
事務局より


             全国大会・支部例会の案内を随時お知らせしております。


               皆様のご発表、ご参加をお待ちしております。


          新規入会ご希望の方の手続きについてはこちら



お知らせ



2016.8.29



●全国大会でご発表された会員の皆様


 ・「個人研究」原稿フォーマットを改訂しました。(20160826版)


 ・「個人研究」原稿チェックリストを改訂しました。(20160826版)


2016.8.21

日本学校音楽教育実践学会第21回全国大会(8月20日~21日)


 
北海道教育大学岩見沢校にて開催されました。


 大会プログラム(PDF版)はこちら。


【セミナー「芸術家が語る〈創造すること・思考すること〉」その1】


 

講師:五十嵐威暢氏<デザイナー・彫刻家>




【フォーラム】


 


キーワード「音楽教育実践学の原理と課題」          キーワード「音楽経験と認識」

用語【生成の原理】                         用語【身体による認識】


 

キーワード「授業デザイン」                    キーワード「特別支援教育」

用語【イメージの形成】                       用語【コミュニケーション支援】




キーワード「教員養成と教師教育」
 

用語【省察力】
 


【課題研究】

 「音楽科で育成すべき資質・能力とその評価―生成の原理に基づく音楽科授業」

  ― その1 資質・能力にかかわる我が国および諸外国の動向 ― 

 




2016.4.1


学会事務局が移転しました





2016.2.24


●【重要】会員の皆様


 学会費値上げおよびオープンアクセス対応にかかわる今後の方針に


ついてのお知らせ(pdfファイル)






日本学校音楽教育実践学会第20回全国大会(8月13日~14日)


 
大阪成蹊大学(〒533-0007大阪市東淀川区相川3丁目10-62)にて開催されました。


 大会プログラム(PDF版)はこちら。

セミナー「演奏家が語る<演奏が生まれるまで>」その5

  

講師:大槻文蔵氏 <能楽師 シテ方観世流>

  


フォーラム

  
キーワード「授業デザイン」         キーワード「学力と評価」

用語【協働学習】               用語【批評文】

  
キーワード「教材の働きと開発」      キーワード「特別支援教育」

用語【音楽と生活】              用語【インクルーシブ教育】



キーワード「教員養成と教師教育」

用語【実践的指導力】

【課題研究】 日本伝統音楽のカリキュラム再創造と授業実践 その5

  




●日本学校音楽教育実践学会設立20周年記念シンポジウム


 「学校における伝統音楽教育のこれから」



 日時:平成27年5月9日(土) 13:00~16:30


 会場:東京都文京区シビックホール 小ホール



第Ⅰ部 基調講演




 「学校教育における伝統文化の指導 -伝統音楽の扱いを巡って-」

  合田哲雄 様(文部科学省教育課程課長)



第Ⅱ部 基調報告

 学校における伝統音楽教育の内容と方法




◆伝統音楽カリキュラムの成果報告・・・清村百合子副代表理事(京都教育大学)


◆伝統音楽の授業実践の紹介

 

小学校歌唱「わらべうた」                小学校器楽「箏」、音楽づくり「相撲甚句」

 小川由美会員(琉球大学)             椿本恵子会員 (大阪教育大学附属平野小学校)


 

中学校鑑賞「ねぶた囃子」                高等学校創作「百人一首」

 田村博子会員(札幌市立西岡中学校)        山本伸子会員(大阪府立夕陽丘高等学校)




特別支援学級「生活のうた」

 井上 薫会員(藤井寺市立道明寺南小学校)



第Ⅲ部 シンポジウム

「現代に生きる日本の伝統文化の特性」



司会 松本絵美子代表理事(東京都文京区立柳町小学校)  宮下俊也会員(奈良教育大学)





シンポジスト(左より)

 笹岡隆甫様(華道家)、吉岡幸雄様(染色史家)、西村朗会員(現代音楽作曲家)、

 伊野義博会員(新潟大学)、大熊信彦会員(群馬県総合教育センター)



伝統文化に関わる様々な立場の方から、それぞれの伝統文化の特性及び継承・発展について

意見を述べていただいた。





2014.8.20


 日本学校音楽教育実践学会第19回全国大会(8月16日~17日)


 が
熊本大学(熊本市中央区黒髪2丁目39番1号)にて開催されました。


 多数のご参加、ご協力頂いた企業等の皆様に熱く御礼申し上げます。


 
大会プログラムはこちら




セミナー「演奏家が語る<演奏が生まれるまで>その4」:周波数解析図

 
尺八奏者・作曲家:中村明一氏


 

「生成の原理による授業開発プロジェクト」
での模擬授業


:参会者全員で授業について考察しました。写真は「Ⅰだれもが内面を表出できるよう支援す

る授業」での実践報告と模擬授業の様子。




 

「フォーラム」(会場Ⅰ:キーワード「音楽経験と認識」用語【音楽的思考】)

:日々の授業を「実践学」として捉え直すことを目的としています。参加者の間で考えを

出し合い、交流する様子。



 

「課題研究」:「日本伝統音楽のカリキュラム再創造と授業実践」

:その4 柱1と柱3の指導事項の検討と実践による検証

 4年目となる今年度は、カリキュラムの柱1「音楽の仕組みと技能」と柱3「音楽と多媒

体」の指導事項について新たな提案を行い、3つの柱を関連付けた授業構成及びその

視点を提示し、それらの具体的な内容について実践事例をとおして考えました。会員から

実践事例について話題提供していただきました




2013.11.16


第18回全国大会要旨集録の掲載内容の訂正について


 
標記の件について、発表者に一部誤りがありましたので訂正させていただき


ます。
詳しくはこちら。




2013.8.21


 
日本学校音楽教育実践学会第18回全国大会(8月17日~18日)お茶の水女子大学


(東京都文京区大塚2-1-1)にて開催されました



 

セミナー「演奏家が語る<演奏が生まれるまで>」三味線演奏家:鶴澤清介氏

 

「生成の原理による授業開発プロジェクト」での模擬授業

:参会者全員で授業について考察しました。


 

「フォーラム」(会場Ⅱ:キーワード「教育目標と教育内容」)


:日々の授業を「実践学」として捉え直すことを目的としています。参加者の間で考えを

出し合い、交流する様子。


  

「課題研究」:「日本伝統音楽のカリキュラム再創造と授業実践」

:その3 カリキュラムにおける三つの柱(「音楽の仕組みと技能」「人と地域と音楽」

「音楽と多媒体」)の関連付けていくことの意義について実践事例をとおして考えました。

各学校種の会員から実践事例について話題提供していただきました。


 

講演「日本の伝統芸能の心」:歌舞劇団「田楽座」中山洋介氏



 大会プログラム(pdf形式)




2012.8.13


編集委員会より


「原著論文執筆のためのアドバイス」をアップしました。




2012.4.18


DVDのお知らせ

 日本学校音楽教育実践学会編集
 生成を原理とする21世紀音楽カリキュラム」 
                 -幼稚園から高等学校まで- (東京書籍) 
                                          


 書籍に掲載されている、指導案の授業映像を集録したDVDができました。ご希望の方は事務局まで


お問い合わせ下さい。




2012.3.24


新刊 出版物のお知らせ(2012年3月発売!)


「世界の新しい指導法をあなたの授業に!」


日本学校音楽教育実践学会編


『音楽科カリキュラムと授業実践の国際比較


                               音楽之友社



価格 3,240円(税込)



購入を希望される方は下記の学会事務局までお問い合わせ下さい。


事務局:E-mail ongakujissen□yahoo.co.jp (□を小文字の@に変換してください)



お知らせ

書籍の紹介

指導案の授業を集録したDVDができました。ご希望の方は事務局までお問い合わ


せ下さい。市販されておりませんので、店頭では入手できません。


生成を原理とする21世紀音楽カリキュラム」 
                 -幼稚園から高等学校まで- 
                                          日本学校音楽教育実践学会編集


◆書籍の内容◆


外側に音楽を作り出すこと、その過程でその音楽表現に新しい響きと意味を発見し自分

の内側に思考と経験を作り出すこと―音楽活動の基底であるこの「生成」の原理から音

楽科の指導内容と学習方法が導き出される。


◇目 次◇


第1部 理論編 カリキュラムへの導入

  第1章  カリキュラムの構成を支える哲学

  第2章  カリキュラムの見方

  第3章  カリキュラムの使い方

  第4章  教員養成のカリキュラムのあり方


第2部 実践編 カリキュラム構成と実践

  第1章  カリキュラム構成

  第2章  プログラム案

  第3章  年間指導計画案


付録:「21世紀音楽カリキュラム」英語版

   「カリキュラム」指導項目一覧表


◆定  価:2,700円(税込み)◆







   Copyright(C)2003- 日本学校音楽教育実践学会
Japan Association for the Study of School Music Educaitonal Practice